セロトニンの睡眠との関係について


セロトニンの睡眠との関係について。セロトニンについて議論される場面では必ずといって睡眠に関する話題が飛び交いますが、それは当然セロトニンが睡眠の質に大きく関係しているからです。睡眠トラブルを抱えている人にセロトニンサプリが人気なのはそのため。セロトニンと睡眠との関係性について紹介したいと思います。


セロトニンが睡眠ホルモンの合成を促す

セロトニンは睡眠の質を高めるために欠かせません。わたしたちは夜の就寝時間を前にしたとき、睡眠ホルモンといわれる「メラトニン」が合成されます。十分にこのメラトニンが分泌されている状態を、わたしたちは眠いと感じ、睡眠の質も高まるのです。しかしセロトニン分泌が十分でない方はこのメラトニン分泌の過程が十分に行われてないため不眠の症状、睡眠の質の低下に悩まされることとなります。というのも睡眠ホルモンのメラトニンは、セロトニンから合成されているからです。

セロトニンで睡眠の質を高めるには

セロトニンが睡眠の質を高めてくれるので、わたしたちが質の高い睡眠を得るには、当然十分なセロトニン分泌が必要となります。セロトニン分泌に必要なことは主に2つあり、ひとつはセロトニンの材料トリプトファンを補給すること、もうひとつが身体のセロトニン神経を活性化させることです。セロトニンの材料トリプトファンが含まれる食べ物に関してはセロトニン食べ物食材の項目にて、身体のセロトニン神経を高める方法に関しては、セロトニンを増やすの項目にて紹介しているので目を通してみてください。

セロトニンと睡眠ホルモンの性質

セロトニンから睡眠ホルモン、通称メラトニンは合成されています。このメラトニンが十分に分泌されていることでわたしたちは良質な睡眠が得られますが、それならメラトニンを直接増やした方が効果的なのではないかと思われるのも当然でしょう。このメラトニンを直接高める方法というものもあります。それは睡眠薬、及び睡眠導入剤です。これらは脳のメラトニン神経に作用することで睡眠が誘発されるのです。ただこういった直接メラトニンに作用するようなものには耐性というものがつきます。なので毎日良質な睡眠を得るという意味では根本的な解決にはならないのです。根本的な解決を得るには、脳内のセロトニンレベルを高めるしかありません。


セロトニン関連情報