セロトニンはうつ病の発症に大きく関与している


セロトニンのうつ病との関係について。うつ病の原因や改善策などを議論する際かならず話題に取り上げられるセロトニン。これはセロトニンの分泌がうつ病の発症の可否に大きく関わっているからです。セロトニンのうつ病との関係性について紹介しましょう。

セロトニンがうつ病から守ってくれる

セロトニンはうつ病の発症からわたしたちを守ってくれていることで知られています。わたしたちがいわゆる怒りや悲しみなどの不快症状に悩まされているときは、脳内でアドレナリンやノルアドレナリンといった、神経の緊張をつかさどる神経伝達物質が分泌されています。

これらの神経伝達物質が過剰に分泌されている状態は、安静・リラックスをつかさどる神経伝達物質セロトニンの働きを抑制してしまいます。すると心の安定を保っているはずのセロトニンが十分に機能しなくなるので、ますます神経の緊張を促し、ストレスフルかつ、ストレスに脆弱な状態となってしまうわけです。

しかしセロトニンが十分に分泌されていれば、神経の緊張をつかさどる神経伝達物質の暴走を抑え、心の安定を保ち、ストレス耐性を高めてくれるのです。こういった経緯もあり、うつ病患者は総じて脳内のセロトニンレベルが低いことがわかっています。つまるところセロトニンはわたしたちをうつ病から守ってくれているのですね。

セロトニンがうつ病を撃退する

セロトニンレベルの低いうつ病患者に、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる、強制的にセロトニンレベルを高める抗うつ薬を処方したところ、多くのうつ病患者のうつ症状改善へと繋がっていることがわかっています。うつ病の原因の100%がセロトニンにあるとはいえませんが、脳内のセロトニンレベルを高めることで多くのうつ病を撃退できることがわかっているのです。つまりわたしたちが日々セロトニンレベルを高めるような生活習慣を送ることで、うつ病とは無縁の健やかな毎日を手に入れることが可能になるというわけです。

セロトニンはうつ症状・抑うつ症状にも効く

セロトニンはうつ病を撃退すると上述しましたが、比較的軽度なうつ症状・抑うつ症状においても同様です。仕事やプライベートなどで上手くいかないとき、失敗が続いて落ち込んでいるときなど、十分なセロトニンが分泌されていることでこれら症状を抑えてくれるのです。運動がストレス解消に効果的といわれているのは、運動することによりセロトニン神経が活性化され、脳内のセロトニンレベルが上昇し、ストレス耐性の上昇、及びストレス解消効果が期待できるためです。そのためうつ症状・抑うつ症状にお悩みの方にセロトニンサプリが広く活用されています。比較的軽度なうつ症状・抑うつ症状に悩まされている人もセロトニンに目を向けるべきなのです。

セロトニン関連情報