セロトニンを効果的に増やす方法について


セロトニンを増やす方法について紹介しましょう。セロトニンを増やす、つまり脳内のセロトニンレベルを高く維持することで不快な感情に流されることなく幸福な感情を得られるようになります。不眠症状に悩まされることなく睡眠の質が向上します。ストレス耐性が高くなりうつ病リスクからわたしたちを守ってくれるます。このような健やかな毎日を手に入れるため、以下のようなセロトニンを増やす方法を習慣化させましょう。


セロトニンを増やす「日光」

セロトニンを増やすには太陽の光、つまり日光が欠かせません。わたしたちが目にした日光は網膜から脳へと伝わり、セロトニン神経が活性化されることがわかっています。ちなみに冬は冬季うつというものがあるぐらいうつ状態に悩まされている人が多い季節ではありますが、これは気温の低下に伴い外で活動する機会が誰しも少なくなり、冬が日光量が一年の中でも最も少ないため、十分な日光が得られなくなるためです。

十分な日光が得られなければどうしてもセロトニンが不足不足してしまい、いわゆる神経伝達物質の過剰・暴走状態に悩まされることとなります。これを避けるには積極的に屋外に出て日光を浴びるほかありません。

セロトニンを増やす「運動」

セロトニンを増やすには運動、つまり身体を十分に動かす必要があります。というのもわたしたちがウォーキングやランニングなど、同じ動作を繰り返すアクションを起こすことにより、セロトニン神経が活性化され、脳内のセロトニンレベルが上昇することがわかっているからです。外でよく遊ぶ子供が何事にも積極的に見え、家でいつもゲームしている子供が消極的に見えるのは脳内のセロトニンレベルによるものかもしれません。少なくとも運度頻度の高いひとほど脳内のセロトニンレベルが高いことがわかっているので、セロトニンを増やしたい人は積極的に運動をするべきなのです。

セロトニンを増やすなら朝の運動を習慣化させよう

セロトニンを増やす上記の方法を踏まえて、是非とも習慣化しておきたいのが朝の運動です。セロトニン分泌を増やすには日の光と運動が必要だと上述しましたが、朝の運動を習慣化させることで、これらどちらの条件も満たすことができるのです。

運動とはいってもゆっくりのスピードで歩くだけで問題ありません。散歩がてら気楽な気持ちで歩きましょう。朝に15分~30分程度、毎日歩く習慣を続けるだけで、あなたのセロトニン神経は活性化され、十分なセロトニン分泌が可能になることでしょう。

セロトニンを増やす方法としてサプリメントもある

セロトニンを増やす方法としてはサプリメントに頼る方法もあります。恐らく中にはセロトニンレベルの低下に伴う無気力感に悩まされ、外で運動する気力もないという方もいるでしょう。そんな方におすすめなのがセロトニンサプリです。セロトニンサプリメント、それもセントジョーンズワートというハーブ成分を使用したサプリメントであれば、セロトニンの減少プロセスを抑え、それに伴いセロトニンレベルを上昇、つまりセロトニンを増やすことができるのです。ここぞというときにはセロトニンサプリも強い味方となってくれるのでチェックしておきましょう。


セロトニン関連情報