セロトニンにはどのような作用があるのか


セロトニンの作用について。セロトニンは心の安定に欠かせない脳の神経伝達物質だと紹介しましたが、具体的にセロトニンにはどのような作用があるのかを紹介しましょう。十分なセロトニンが分泌されていることで、わたしたちは以下のような恩恵が得られるのです。


セロトニンの作用「睡眠の質を改善」

セロトニンの作用には、睡眠の質を改善するものもあります。わたしたちは通常、夜眠りにつく前に睡眠ホルモン、通称「メラトニン」が一定量分泌されています。このメラトニンが十分に分泌されていることでわたしたちは寝つきがよくなり、満足な睡眠が得られるのですが、逆にメラトニンが不足することでわたしたちは不眠の症状に悩まされ、満足のいく睡眠が得られなくなります。

この睡眠ホルモン、メラトニンはセロトニンから合成されています。なので十分なセロトニン分泌は十分なメラトニン分泌に繋がり、ないし睡眠の改善にも繋がるというわけです。睡眠トラブルを抱える方がセロトニンサプリに頼るのもそのためです。詳しくはセロトニンと睡眠の項目にて紹介しています。

セロトニンの作用「あがり症の改善」

セロトニンの作用には、あがり症を改善するものもあります。セロトニンが十分に分泌されていない方は、あがり症、もしくはそれに近い症状に頭を抱えている傾向にあります。これはセロトニンの緊張という神経の暴走を抑える働きが十分に機能していないことに起因しているものす。

同じ理由でセロトニンが適切に分泌されている方は、緊張に強い、緊張しづらい傾向にあることもわかっています。何かとあがりやすい、緊張しやすいという方は、人一倍セロトニンの分泌には関心を寄せておくべきなのです。

セロトニンの作用「ストレス症状・うつ症状の改善」

セロトニンの作用には、ストレス症状・うつ症状を改善するものもあります。脳内のセロトニン分泌が十分でないとき、わたしたちはストレス耐性が低くなり、幸福な感情を感じられなくなる傾向にあるようなのです。ストレスに弱くなることで過剰にストレスが蓄積していき、嫌な感情が頭から離れなくなり、次第にはうつ症状に発展することも。

しかし逆に十分なセロトニンが分泌されていることで、ストレスは高まり、幸福な感情を感じやすくなるので、ストレス症状・うつ症状が現れにくくなります。つまりはセロトニンにはストレス症状・うつ症状を改善する効果・作用が期待出来るということです。セロトニンとうつ病との関係についても併せてご覧ください。


セロトニン関連情報